プログラミング学習に必要な5つの心構え【現役フリーランスが語る】

こちらの動画でも同じ内容をお話しています。

文章読むのがめんどうな方は、移動中なんかに動画をラジオ感覚で聞くのがおすすめです ▼

 

どうも、フリーランスプログラマーのきせきです。

今回は、「プログラミング学習に必要な5つの心構え」についてお話していきます。

最近プログラミングが大きなブームになっていますが、たくさんの人が挑戦していく中で、実は挫折する人もかなり多いんですよね。

 

なので今回はこれからプログラミングに挑戦しようと思っている人向けに、僕が学習する上で大事にしている5つのことについてお伝えしていこうと思います。

ちなみに僕は、これを意識することで3ヶ月で営業職からプログラマーに転職し、実務経験1年半でフリーランスになれました。

 

5つの心構え

最初に全部言っちゃうんですけど、僕が大事にしていることは、

  1. 目標を決める
  2. 継続する
  3. 色々試してから質問
  4. エラーをしっかり読む
  5. コピペはしない

 

この5つです。

当たり前かもしれませんが、僕はプログラミングを勉強する上ですごい大事にしていることです。

 

① 目標を決める

では順を追って説明していきます。

まず1つ目の目標を決めるですが、

大前提として、プログラミングを学ぶ上での目標だったり目的がないと、なかなかモチベーションも上らないんですよね。

例えば、

「定時退社のホワイト企業に転職したい」とか、

「なんかアプリを作ってみたい」とか、

「将来的にフリーランスになってみたい」とか、

人それぞれ勉強する目的は違うと思いますが、そこをはっきりさせてあげることで、じゃあそのためには何をしないといけないのかってことも明確になったりします。

 

② 継続する

次が継続するについてですが、

プログラミングに限らず、何かで成功したいと考えるなら、継続は必ず必要になってくることだと思います。

正直個人的にはここが一番きついと思ってまして、

「コードがまったく動かない!」とか、「エラーで一日終わっちゃう。。」みたいなことも全然あります。

 

ただよく考えて欲しいんですけど、今現役のプログラマーとしてバリバリ活躍している人たちも、最初から全部できてたかって言えば、たぶんそうじゃないと思うんですよね。

全然思ったように動かないこともあれば、エラーが解決できないことも、僕らと同じようにあったと思うんですよ。

ちなみに僕も1年半くらいプログラミングやってますけど、未だにそういうは時あります。

 

なので、

「自分にはセンスがないから。。」

「そんな簡単にプログラマーになれるわけないじゃん。」

「時間もないし勉強できないからしょーがないよ」

こんなメガティブなことを考えている余裕があるなら、まずは手を動かしてみるのがいいんじゃないかなと思います。

 

③ 色々試してから質問

次が、色々試してから質問するということです。

実際のプログラマーの現場で一番大事な能力って、「自分で解決できる能力」なんですよね。

 

せっかくたくさん勉強して転職することができても、一から十まで全部先輩プログラマーに聞いていたら、ほとんど仕事が進みません。

なので転職する前からこういったスキルを身につけていくために、まずは勉強で詰まってもすぐ人に聞くんじゃなくて、色々と自分で試してから質問するようにしましょう。

単純にエラー文をググってみるとかでもいいですし、もう一回コード全体を見直してみたり、1行ずつ丁寧に書き直してみるのもいいですね。

結構自分でやれることはたくさんあります。

 

④ エラーをしっかり読む

先ほどの話とも繋がってくるんですが、エラー文もしっかり読みましょう。

実はプログラムが動かないことの原因はほとんどが、エラー文に書いてあるんですよね。

プログラミングはほとんどが英語なので、最初はちょっととっつきづらかったり、「全然読めねぇよ!」って思うかもしれないんですけど、Google翻訳とかを使ってもいいので、日本語にうまく変換しながら読んでみるのもいいと思います。

 

⑤ コピペはしない

最後が、コードのコピペをしないということについてです。

教材やネットで検索したコードをそのままコピペして自分のアプリに貼り付けても、なかなか自分のスキルにはなりません。

それはなぜかというと、理由は2つあるんですが、

一つ目は単純に、教材とかネットに書いているコードの情報が、バージョンの関係で古かったり、間違っている可能性があるからですね。

二つ目の理由は、ただコピペしただけだと、そのコードがどういう意味で、どんな動きをしているのかが全然理解できないまま、学習を進めちゃうからです。

 

なので時間はかかるかもしれませんが、

1行1行丁寧に書き写しながら、「このコードってどんな意味なんだろう?」っていうのを考えながらやっていくのがいいんじゃないかなって僕は思ってます。

 

まとめ : 勉強を積み重ねれば、転職くらいは余裕

これで解説は以上となります。

「いやいや当たり前のことばっかりじゃん!」って思った人もいるかもしれませんが、プログラミングは当たり前のことをコツコツと積み重ねていけば、転職くらいだったら誰でも可能だと僕は思ってます。

 

自分で考えながらコードを書いて、それを継続する。

 

本当にこれだけで転職できます。

センスとかはあまり関係ないと思っているので、ぜひ皆さんも、1日5分でも10分でもいいのでコツコツ学習を積み上げて、スキルを上げていってくれればいいなと思ってます。

では今回は以上となります。

ありがとうございました〜( ^ω^ )

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、きせきに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です