プログラミング学習は簡単?経験者が語る。【最低半年は必要】

 

皆さんこんにちは(^ ^)

WEBエンジニアでプログラミング講師でブロガーのをしょーじ(@swmi_pg)です!

本日も当ブログを見ていただき、本当にありがとうございます!!

 

 

この記事を読んでくれている皆さんは、恐らくプログラミングに興味のある方、あるいは学習中だよという方がほとんどかと思います。

世の中の需要がどんどん高まっているプログラミングスキルですが、挑戦するにあたってこんなことを考えたことがある方も多いのではないでしょうか?

「実際プログラミングって簡単なの?」

「1~2ヶ月さくっと勉強したら、エンジニアになれたりするの?」

 

 

僕自身、未経験からエンジニアに転職した経験を持ちますが、

こんな質問に対する僕の答えは、

そんなの無理だよバカヤロウ。

ですね。

 

なぜなら、プログラミングスキルを身につけるためには、ある程度の期間努力を継続させて、試行錯誤を繰り返すことが必要だからです。

プログラミングの需要が増え、それに伴いスクールの数もどんどん増えてきていますが、「最短1ヶ月でオリジナルアプリを作成!」、「2ヶ月でITエンジニアに転職可能!」など、過剰な広告が増えてきています。

事実、オリジナルアプリの開発や、エンジニアへの転職を成功させた人もいるでしょうが、実は前職はSIerでエンジニア経験があるという人や、学生時代からガチガチの理系で吸収が早かった、なんてこともよくあります。

 

 

今回の記事では、そういった経験が全くない、HTMLとかCSSってなに?くらいの未経験からエンジニアを目指す際の学習期間について書いていきます。

この記事を書いている僕は、プログラミング学習を始めて3ヶ月で転職、エンジニアとして働いて半年が経っています。

未経験からの転職を目指す方にはいい事例になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください(^ ^)

 

この記事を読んでほしい人

  • プログラミングに興味がある人
  • プログラミングの学習期間に不安を持っている人
  • スクールを検討中に人

 

この記事を読んだら分かること

  • 未経験からエンジニアを目指す際の学習期間
  • プログラミング学習に必要な考え方
  • スキルを身につけることは簡単ではない

 

 

 

【結論】どれくらい学習したらいいの?

では、実際未経験からエンジニアになるためにはどれくらい学習を継続すればならるの?という話ですが、僕としては半年くらいは必要かなと。

この際目指すスキルとしては、

「自分でWebサイトを作り、公開できること」を基準とします。

 

 

なぜ僕が半年くらいは必要と考えたかというと、

最初はわからなすぎて挫折するからです。

どの言語から学習すればいいの?  おすすめの学習サービスは?  わかりやすい本とかないの?  環境構築ってなに?  エラーってどうやって解決したらいいの?

とにかく新しいことが山のように降ってくるので、最初はな〜んにも分かりません。

僕自身もそうでした。

 

コードを書く → エラーでつまずく → 解決できたぜわっしょい!

このサイクルを地道に繰り返していった結果、少しずつプログラミングができるようになっていったんですね。

 

 

プログラミングを違うことに置き換えてみる

僕は水泳が得意なのでそれで置き換えますが、皆さんが得意なことや経験したことで置き換えていただいて大丈夫です。

水泳の上達の流れはこんな感じです。

  1. コーチに支えてもらってバタ足をする
  2. 一人でバタ足ができるようになる
  3. クロールやバタフライに挑戦するが動きがぎこちない
  4. どんどん楽に、早く泳げるようになる

 

ではプログラミング学習ではどうでしょうか?

実は同じような部分がたくさんあります。

  1. 講師に手ほどきを受けつつ、プログラミング学習に必要な準備をする
  2. 簡単なコードを書いてみる
  3. もっと難しい内容に挑戦するが、エラーに苦戦する
  4. どんどん早く、正確にコードが書けるようになる

 

ざっくり書きましたが大体こんな感じですね。

最初は誰かに助けてもらいながらスタートすることや、今までできなかったことがどんどん楽に、正確になっていくところは非常に似ているかなと思います。

特に、誰かに助けてもらうことは非常に大事です。

ただでさえプログラミング学習は挫折しやすいので、一緒に頑張る仲間や、詰まった時に聞ける人を探すことは非常におすすめです。

 

 

僕はどれくらい勉強していたか

学習には半年は必要と言いつつも、僕自身は3ヶ月程度で転職しています。

なぜ僕が3ヶ月という短い期間で転職できたかというと、単純に周りの人よりも時間を投資していたからです。

具体的な数字はこんな感じです。

独学

退職1ヶ月間。仕事から帰ってから2時間ほど時間をとり、ドットインストールやProgateでHTMLやCSSの基礎を中心に学習していました。

2時間 × 30日 = 60時間

※土日はプラス2〜3時間ほど増やしていたので、厳密にはもう少し多い。

 

スクール

退職後2ヶ月半。毎日10時間ほどの学習。スクールのテキストをメインに切り替えて、基礎的な部分で忘れてしまったらドットインストールやProgateで復習。学習中に詰まったら自分に30分の時間制限をつくり、解決できなかったら講師に質問する。

10時間 × 75日 = 750時間

 

退職前の土日はもう少し多かったことを考えると、820〜830時間くらいはいってるのかな〜と思います。改めて計算してみたら結構勉強してましたね 笑

これくらいやって、「自分でWebサイトを作り、公開できる」くらいになりました。

 

この経験から僕が言えることは、「継続すればスキルは上がる」ということです。

挫折してしまう人の大半は、プログラミングやってやるぜー!ってモチベーションを上げすぎた結果、めんどくさい環境構築や意味不明なエラーで徐々にやる気が下がっていき、最終的にフェードアウトしてしまうのがほとんどです。

「最初なんだし分からなくて当然か」くらいの気持ちでコツコツと学習を継続できれば、少しずつではありますが確実にスキルは上がっていきますよ^ ^

 

 

今更やるのは遅いんじゃない?って人へ

スキルをつけるのは時間がかかるって話をすると、もうみんな始めてるし、今更やっても遅いんじゃない?」なんて不安になる方もいるかと思います。

ただ、そこに関しては全く問題ありません。なぜなら、ITの市場が伸び続けているが、エンジニア自体は全く足りていないからです。

そこを解消する目的もあるのか、リモート、副業可、週4日、時短勤務など、働き方を柔軟に受け入れている企業も多いです。

 

ちなみに今からプログラミング学習を始めるなら、僕はRubyをおすすめします。

  • コードがシンプルで初心者向け
  • 求人数が多いので転職に有利

などなどたくさんのメリットがあります。

詳しくは別の記事でご紹介してるので合わせてご覧くださいm(_ _)m

関連記事:プログラミング言語に迷ってる?だったらrubyやっとけ!【おすすめのプログラミング言語】

 

 

時間は戻ってこない!すぐに行動しよう!!

色々と書きましたが、今からプログラミングに挑戦するのは全く遅くありません。

しかし、スキルの習得にはある程度の学習期間が必要です。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが、

「プログラミングやってみようかな…」

「エンジニアに転職したいけど、何から始めたらいいだろう…」

と悩んでいるのなら、今すぐにプログラミング学習を始めましょう!

 

悩んでる時間がもったいないですし、最近は無料でできるサービスもたくさんあります。

おすすめのサービスやスクールに関しては以前まとめた記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

 

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、しょうじに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です