【エンジニア転職】実務未経験者はエージェントで転職しない方がいい理由

 

こんにちは、プログラミング講師のきせきです。

今回は、プログラマーとして転職したい人向け、転職エージェントの使い方についてお話します。

 

「転職」と聞くと、

〇〇Next

〇〇転職

W〇〇tedlly

などといった求人サイトを使ったり、先ほどあげた転職エージェントを使うのが割と一般的な気がします。

 

結論から言うと、

「実務未経験者は転職エージェント経由では転職せず、情報収集ツールとして特化すべし!」

というのが僕の意見なのですが、

なぜエージェント経由の転職はしない方がいいのか?

この記事ではその点についてお話していきます。

 

エージェントにお金が入る仕組みを考えてみよう

理由としては、エージェントにお金が入る仕組みにあります。

ご存知の方もいるかもしれませんが、エージェント経由で入社が決まった場合、募集をかけた会社からエージェントへ、“採用した人の年収 × 3割程度”のお金を支払う必要があります。

例)年収400万で採用された場合

400万円 x 30% = 120万円

募集した企業からエージェントに、120万円支払う。

 

ということになります。

この仕組みからも分かる通り、エージェントの売上は、”どれだけ年収を高く、紹介した企業に入社させられるか”よって決まります。

よって、エージェントはお仕事を探している人にできるだけポジティブな言葉をかけつつ、自分の紹介した企業に入ってもらえるよう努力します。

 

次は募集する企業側で考えてみましょう。

もう一度確認ですが、エージェント経由で採用した場合は、“その人の年収の3割”がコストになります。

実務未経験者をプログラマーとして採用した場合の年収相場は大体350万くらいなので、

350万円 x 30% = 105万円

だいたい100万円かかる計算になります。

  • 経験がない
  • 教育コストがかかる
  • いつ辞めるかわからない

これだけのリスクを持っている方を、皆さんだったら採用するでしょうか?

どれだけ面接の印象がよくても、ちょっと厳しいと思います。

 

理由は簡単で、リスク以上に「この人を100万円払って採用する価値があるのか?」という視点が発生するからですね。

エージェントとしても、実務未経験者を採用してもらうのは中々ハードルが高いため、少々及び腰になるケースもあります。

 

では、実務未経験者が転職したい場合はどうすればいいか?

次はその具体的な方法についてお話していきます。

 

実務未経験者が転職をするためにはどんな方法をとればいいのか?

おすすめは、

  • 会社のHPから直接連絡する
  • 勉強会等でつながりをつくる

この2点です。

 

「え、会社のHPとか普通すぎない?」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、冒頭でも記載した通り、転職に関しては、”求人サイト””転職エージェント”を使うのが一般的です。

なので、実はHPから連絡する人ってあまりいないんです。

 

おまけに企業側の採用コストもゼロなので、

「採用したら100万か。。」

みたいな考えが出てこなくなり、面接の印象、学習意欲等のポテンシャルがプラスに働きやすくなります。

 

勉強会等で繋がりをつくるのも同様の理由からです。

現場のエンジニアと直接話すことで職場の雰囲気についても把握できますし、勉強会にきてることで学習意欲をアピールできます。

こちらに関しても、”知り合いを紹介する”というやり方になるので企業側の採用コストはかかりません。

さらに、現場の方を経由して応募することで「〇〇さんの紹介だし不合格にはしにくいな。。」という心理的要素も働きます。

 

これに関しては少しずるい考え方なのかもしれませんが、法に触れるようなことをしているわけではありませんし、その会社でスキルを身につけて戦力になれば、自分としても会社としてもプラスであることは間違いありません。

スキルアップだけを目的に勉強会に行くのではなく、実務未経験から転職を考えている方はぜひそのような視点をもつといいかもしれません。

 

ちなみに、行きたい会社の勉強会等を探す方法ですが、

  • 会社HP
  • 公式エンジニアブログ
  • 公式ツイッターアカウント
  • 社員のツイッター
  • techplay, connpassなどのイベント情報サイト

この辺を探すといいです。

 

転職エージェントの活用方法

「実務未経験者は転職エージェント経由では転職しないほうがいい」

というのが僕の意見ですが、最後に転職エージェントの活用方法についてお話します。

 

冒頭にもお話しましたが、“情報収集ツール”として活用するというやり方です。

 

実務未経験者にとってはそこまでメリットがない転職エージェントですが、「取引をしている企業数」に関しては非常に目を見張るものがあります。

大手から中堅企業、ベンチャーまで幅広く取引をしているケースが多いため、登録だけしておき、どんな会社がどんな募集をしているのか眺めてみるのが良いでしょう。

 

幅広く企業を見るという点では、大手エージェントの方が取引先数が多いので、リクルートエージェントや、パソナキャリアなどに登録してみるのがおすすめです。

僕も転職活動の際に利用していますが、毎日のように希望条件に合った企業を紹介してくれます。

 

まとめ

今回の記事をまとめると以下のような感じです。

エージェントの売上は、”入社人数 x 年収の高さ”で決まるため、実務未経験者はあまりおいしくない人になってしまう。

なのでプログラミング未経験からエンジニアへの転職を目指す際は、

  • 会社のHPから直接連絡する
  • 勉強会等でつながりをつくる

上記2点が有効な手段になってくる。 

転職エージェントの活用方法としては、「情報収集ツール」として特化するのが望ましく、幅広く企業を見るためにも、大手エージェントに登録するのがおすすめ。

 

いかがでしたでしょうか?

現在エンジニアの求人は非常に多いですが、プログラミングに挑戦する人も増えてきているため、転職活動に関しても戦略的に行う必要があります。

ぜひ転職ツールをうまく使い、選考を有利に進めていきましょう。

 

この記事への疑問点や、他に質問したいことがあれば、ラインからご連絡ください。

登録は1分で終わります。

友だち追加

 

プログラミングを格安で学べるオンラインサロンについて

月額1,980円でプログラミングが勉強し放題のオンラインサロンを運営しています。

もし興味があればラインでメッセージをください。

以下の記事に詳細があります。

20代若手社会人がプログラミングを学べる、爆速サロンを立ち上げました!

 

マンツーマンのプログラミングレッスン

サロン以外にも、人数限定でマンツーマンレッスンをしています。

もし直接指導をご希望であればこちらもラインでメッセージをください。

実務で活きるようかなり実践的、かつ濃い内容になってます。

人生を変える、完全マンツーマンのプログラミングレッスンについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です