【プログラミングが上達しないあなたへ】どれくらい勉強してますか?【1日1時間は足りない】

 

この記事を読む前に、当ブログ一番の人気記事をご覧ください^ ^

売上ビリの営業マンが3ヶ月でエンジニア転職し、副業で月15万稼いでみて。なぜプログラミングレッスンをするのか語ってみた。

 


 

 

どーも、プログラミング講師のきせきです。

 

プログラミングに挑戦中の人「プログラミングを勉強してるけど、なかなか上達しないなぁ。自分にはもしかしてセンスがないんだろうか。未経験から転職した人に、どうやったら上達するのか聞いてみたいな。」

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

この記事の内容

  • どれくらい勉強しましたか?(1日1時間では足りない)
  • 僕が転職するまでに投下した時間
  • 短期間で成長する人は圧倒的な努力をしている

 

この記事を書いている僕は、都内で働く現役のエンジニア。

元々は求人広告の営業マンをとして働いていましたが、独学とスクールでプログラミングを勉強し、3ヶ月で転職に成功。

現在はエンジニアとしてごりごりとコードを書きつつ、ブログやプログラミングレッスンでのご飯を食べている僕ですが、最近はプログラミング学習に関して相談をうける機会も多くなりました。

その中でもよく初心者の方からいただくお悩みで多いのが、「プログラミングが上達しないんです。」という内容。

プログラミング学習のコツは色々とありますが(使う教材や教えてもらう人など)、今回の記事では「学習時間」に焦点をあてて記事を書いていければと考えております。

23分でサクッと読める内容ですので、休日のひまつぶしにどうぞ^ ^

 

 

どれくらい勉強しましたか?(1日1時間では足りない)

結論から書きますが、プログラミングが上達しないと悩んでいるほとんどの人に言えることが、学習時間が足りていないということです。

 

先日プログラミングをはじめて間もない方から、こんなご質問をいただきました。

プライベートな情報は伏せ、相談者にも直接「学習時間が足りない」とアドバイスさせていただいております。

 

プログラミングがなかなか上達しないとの質問でしたが、話を聞いてみると1日1時間の学習を1ヶ月ほど続けたとのことでした。(トータルの学習時間が30時間)

まず、1ヶ月間学習を継続できたことは素晴らしいです。

たくさんの人がプログラミングに挑戦する中、実際に続けられる方は少ないでしょう。

ただ上記の投稿内容に書いてある通りなのですが、1ヶ月間、1日1時間勉強したくらいではほとんどできるようになんてなりません。

僕自身もそうでしたが、最初の1ヶ月なんて基礎すらままならない状態でした。

 

じゃあどれくらいやればいいんだよ!って話だと思いますが、転職を目標にしている場合は、500時間くらいはやったほうがいいかと。

具体的に僕がどれくらい勉強していたかは次の章で説明しますが、500時間あれば、基礎的なことの理解はもちろん、自作アプリをつくった上でそれを武器に転職活動ができます。

500時間よりも少ない学習時間で転職された方ももちろんいらっしゃるかとは思いますが、大前提として言えることは、1日1時間を1ヶ月、要するに30時間勉強したくらいでプログラミングがわかるようにはならないということです。

 

 

僕が転職するまでに投下した時間

先ほど500時間くらいはやったほうがいいという話をしました。

では、実際に僕が転職するまでどれくらい学習していたかというと、600~700時間は投下していたかと思います。

学習期間は3ヶ月で、最初の1ヶ月は会社日中働きながら独学、残りの2ヶ月は会社をやめてスクールに通っていました。

具体的に数字にすると、以下のような感じです。

①独学:仕事から帰ってきて2〜3時間ほど勉強。土日はもう少し多いですが、一旦ならして2〜3時間とします。

2.5時間 x 30日 = 75時間

 

②スクール:会社を辞めてニート状態だったので、毎日10〜12時間くらいを学習時間にあてていました。ちなみにスクールとは書いてありますが、基本的に”自己学習”がメインのスクールだったので、学習スタイル自体は独学のときとほぼ変わっていません。

11時間 x 60日 = 660時間

 

◯独学とスクールの合計

75時間 + 660時間 = 735時間

 

独学とスクールを合わせて735時間。

引越しや保険・税金の手続きで勉強できなかった日を除いても、600~700時間はプログラミング学習に時間を使っています。

ちなみにこれくらいの勉強量で、

  • HTML, CSS, JavaScript, jQueryの基礎
  • Rubyの基礎文法
  • Railsの基礎
  • ツイッターやインスタグラムに似せたアプリの開発
  • 自作アプリの開発

 

これらは一通りできるようになりました。

お恥ずかしい話なのであまり書きたくはないのですが、僕は飲み込みが早いほうではないので、もっと短い時間でアプリを作れるようになる人もいます。

ただプログラミングは勉強すればするほどわからない部分が出てくるものでもありますので、正直700時間やっても全然足りなかったな~というのが正直な感想です。

なのでよほどセンスがあったりすでに他の言語でプログラミング経験があるとかでない限りは、500時間くらいを一つの目安にしてもいいかと。

 

 

短期間で成長する人は圧倒的な努力をしている

ここまで学習時間に関して書いてきましたが、これだけは確信をもって言えることは、「短期間でスキルを身につけている人は、圧倒的に努力している」ということです。

僕がブログやツイッターで発信する内容はプログラミング関連のことが多いので、フォロワーさんにもプログラミングを学習中の方や、エンジニアの方が非常に多いです。

そうなると必然的に僕に届く内容もプログラミング関連のことが多くなるのですが、毎日学習記録をあげてくる人は本当にすごい。

毎日夜遅くまで勉強して、その学習記録をツイッターやブログで欠かさずアップする。つまり、インプットしながらアウトプットも行なっている。

これはなかなかできるものではありません。

 

全員がそれをできるとも思いませんし、僕はプログラミングを勉強しながら発信はしてこなかったので、それをやれとは言えません。

しかし、

2ヶ月でアプリをつくりたい!とか

半年以内に転職したい!など、

自分の中でなにか目標があるなら、それに合わせて学習も進めなくてはなりません。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが「すぐにでも転職したい!」と考えていて、でもなかなかスキルが身につかないとお悩みなのであれば、学習方法を見直す必要があります。

それは単純に学習時間かもしれないし、使っている教材かもしれません。

人それぞれ目標も違えば効率のいい勉強方法も違うので、ぜひ自分にあった学習方法を見つけてみてください^ ^

 

僕自身も完全マンツーマンのレッスンを行なっています。

  • エンジニアに転職したい
  • 既存の学習サービスに限界を感じていた
  • マンツーマンのレッスンに興味がある
  • プログラミングに挫折した経験がある
  • スクールに通ったがいまいちスキルが身につかなかった
  • 収入や時間の面でもっと自由な働き方を手に入れたい

 

現役のエンジニアだからこそできるレッスンにこだわっておりますので、上記に少しでもあてはまる方はぜひ詳細をご覧ください。

>> 4ヶ月完全マンツーマンのプログラミングレッスンはこちら

 

 

今回の記事はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ᐛ )و

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、きせきに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

完全マンツーマンのプログラミングレッスンやってます。

詳細は以下のバナーをクリック!

 

合わせて読みたい関連記事

1 個のコメント

  • プログラミング初心者に役立つスマホで学習になる記事は? にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です