プログラミング初心者に本はいらない【元ド素人が語る】

この記事を読む前に、当ブログ一番の人気記事をご覧ください^ ^

売上ビリの営業マンが3ヶ月でエンジニア転職し、副業で月15万稼いでみて。なぜプログラミングレッスンをするのか語ってみた。

 


 

どーも、プログラミング講師のきせきです。

 

プログラミングに興味がある人「プログラミングを勉強中、またはこれからはじめたいけど、勉強用に技術書ってあったほうがいいのかな?ネットで調べると無料で勉強できるものも多いし、あまり必要性を感じないんだけど、実際のところどうなんだろう…。」

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

この記事の内容

  • プログラミング初心者に本は必要ない
  • 技術書のメリットは?
  • プログラミング初心者がまずやるべきこと

 

 

この記事を書いている僕は、もともと求人広告の営業マン。

プログラミングとは無縁の業界で毎日テレアポ(電話営業)をしてきました。

そこから独学とスクールでプログラミングを学び、3ヶ月後に転職。

現在はエンジニア、プログラミング伝道師として活動しています。

 

勉強をはじめたばかりの頃は、僕自身どんなツールを使って勉強すればいいのか非常に悩んだ経験がありまして、闇雲に本を買ったことも割と多いです。

最近では「はじめての〇〇」、「やさしい〇〇」といった技術書も数多く出版されているため、ひとまず勉強用に買ってみようと考える方も多いのではないでしょうか?

 

結論から書くと、僕はプログラミング初心者に技術書は必要ないと考えています。

確かに技術書は便利ですし、情報が網羅されています。

しかし、それはあくまでプログラミングの基礎を抑えているからこそインプットしやすいのであって、勉強をはじめたばかりの方にとっては、今すぐには必要のない知識も必要以上に取り込んでしまう恐れがあります。

そこで今回は、お伝えする方を「プログラミング初心者」に絞って、なぜ技術書は必要ないのかを僕の経験を踏まえて書いていきます。

3分くらいでサクッと読める量ですので、通勤中のひまつぶしになれば嬉しいです。

 

 

プログラミング初心者に技術書は必要ない

先ほど冒頭でも書いた通り、プログラミング初心者に技術書は必要ないかと思います。

なぜなら、技術書で勉強する上でのデメリットが意外と多いから。

 

 

上記は以前僕がツイートした内容です。

こちらにも少し書いているのですが、技術書のデメリットとして、

  • 基礎がわかっている前提で話が進む場合がある
  • コードやコマンドを読むだけなので動きがわかりづらい
  • 本とPCと行き来するのが面倒

 

といったものがあります。

 

本来プログラミングって、「PC」に「指示」を出して効率的に作業してもらうものなので、最終的にはコードを書くことがメインになります。本を読むことではないんですよね。

それに、自分がパソコンと本を用意して勉強する場面をイメージするとわかりやすいのですが、パソコンを打ちながら本は読めませんよね?

つまり同時に見ることができないんです。

実は僕も勉強したてのころ、気合い入れて技術書を買ってみたのですが、作業がしづらくてすぐに辞めました…。

 

 

技術書のメリットはないの?

プログラミング初心者にとっては技術書は必要ないことを書きましたが、僕は技術書自体はいいと思っています。

なんだか矛盾しているような気もするので整理すると、「技術書自体はいいものだから僕は読むけど、プログラミングをはじめたばかりの初心者の方にはいらない」ってことですね。

 

僕が思う技術書のメリットは、何と言っても場所を選ばないことかと思います。

例えば通勤時間。

さすがにパソコンで勉強することは難しそうですが、本を読むくらいならできそうですね。

 

あとは、日本語で詳しく解説されているところ。

プログラミングをしていてわからないところをググったりすると、詳しい情報はだいたい英語で書かれていたりします。

英語がわかると苦労しないのですが、僕はまったくできないので、日本語で詳しい解説がしてある技術書には仕事で助けられました。

 

こんな感じで、現役のエンジニアからすると技術書にもいいところはたくさんあります。

 

 

プログラミング初心者がまずやるべきこと

さて、ではプログラミング初心者はなにからはじめたらいいのでしょうか?

それは、まずコードを書いてみることです。

 

先ほども書いたように、技術書を読みながらパソコンで勉強するってなかなか難しいんですよ。

だから最初は、パソコンでできる勉強に特化するべきかと思います。

 

具体的な学習方法としては、Progate、ドットインストールで基礎を固めていくのがいいかと。

どちらもパソコンだけで勉強できるサイトなので、サイトに登録するだけですぐに利用できますし、デザインも綺麗でわかりやすいので初心者でもサクサク進められます。

この辺りのサービスに関しては詳しく書いた記事があるので、以下を参考にしてみてください。

関連記事 >> プログラミング学習におすすめのサービスはこれ!【3つに絞る】

 

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめるとこんな感じです。

  • プログラミング初心者に技術書は必要ない
    → 技術書を読みながら勉強するのは割と面倒。
  • 技術書のメリットはないの?
    → 技術書自体はいいものだし、場所を選ばず読めたり日本語で詳しく解説されている点はメリットである。しかし、勉強したての初心者には必要ない。
  • プログラミング初心者がまずやるべきこと
    → まずはパソコンでできる勉強に特化して、コードを書いてみることが大切。Progateやドットインストールなどのサービスで基礎を固めるべし。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

また次回の記事をお楽しみに(`_´)ゞ

 

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、きせきに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

 

完全マンツーマンのプログラミングレッスンやってます。

詳細は以下のバナーをクリック!

 

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です