【現役エンジニアが考える】Progateだけやっても転職できない理由

 

きせき
どーも、プログラミング伝道師のきせきだよ!

 

エンジニアに転職したい人「Progateはいいサービスだってよく聞くけど、実際のところどれくらいレベルアップできるの?エンジニアへの転職も考えてるけど、現場で働いている人の意見も聞いてみたいな。」

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

この記事の内容

  • なぜProgateだけでは転職できないのか 
  • Progateの勉強以外でどんな知識を身につければいいのか 
  • 現場で活かせるスキルを身につけたいあなたへ

 

この記事を書いている僕は、都内で働く現役のエンジニア。

元々は求人広告の営業マンでしたが、Progateを使っての独学や、スクールでのプログラミング学習をへて、”3ヶ月”でエンジニアに転職。

現在はごりごりとコードを書きつつ、ブログでの発信でも収益をあげています。

 

先日ツイッターでこのような投稿をしました。

 

プログラミング学習者のほとんどがやっていると言ってもいいくらい有名なのがこのProgateです。

デザインも非常に見やすく、学習できる言語も多彩なので初心者にとってはかなり強いサービスなのではないでしょうか?

僕自身もエンジニアに転職する前は、かなりお世話になっておりました。

しかし、「転職できるか?」と聞かれれば、間違いなく僕は”No!”と答えます。

 

今回の記事では、Progateだけでは転職できない理由や、なにを勉強すればいいのかということについて書いていきます。

3分くらいでサクッと読める内容になっておりますので、プログラミング初心者の方、これからエンジニアを目指そうとしている方はぜひご覧になってください。

 

現場で活かせるスキルを身につける方法をサクッと知りたい方は、僕のマンツーマンレッスンについて詳細をご覧ください。

>> 4ヶ月完全マンツーマンのプログラミングレッスンはこちら

 

 

なぜProgateだけでは転職できないのか

まずはじめに断っておきますが、僕がProgateが大好きです!

先ほど冒頭でも書いたとおり転職する前はごりごり使っていましたし、いつもプログラミング初心者の方におすすめしているサービスでもあります。

しかし、転職できるスキルが身につくかと言われれば、それは厳しいというのが正直な意見です。

 

 

それはなぜか?

一言でいえば、実務で使うスキルが身につかないからです。

Progateで学習経験のあるWebエンジニアの方ならわかると思うのですが、カリキュラムが優しく作られている分、初心者でも比較的簡単にクリアできてしまうんですよね…^^;

本来だったらシステム全体を見渡してコードを考えなくてはいけないところを、とりあえず文法があってるかどうかで判断するだけになってしまう。

これではなかなか力はつきません。

 

エンジニアは人手不足だから勉強すればなりやすいという意見もありますが、それはあくまで基本的なことをしっかり抑えていたり、自分でアプリをつくった経験があったり、新しい技術を進んで身につける好奇心があるような人のことです。

Progateをやっただけでは、その基礎的な部分のもっと序盤のところしか学習することができません。

 

 

Progateの勉強以外でどんな知識を身につければいいのか

では具体的にどんな知識を身につければいいのでしょうか?

これについては会社ごとに採用基準も違いますので、僕自身が必要だと考える内容を書いていきます。

もちろんこの中には、僕が転職した際「これちゃんとやっとけばよかった〜!」と思った内容も含まれています。

 

ローカルの環境構築

まずは最低限これはできるようにしておきましょう。

僕はスクールでの学習時に一通り行なっていましたが、構築の流れも覚えていませんでしたし、正直なぜこれが必要なのかもよくわかっていませんでした。

しかし、現場に入るとパソコンが支給されることもしばしばあります。

「とりあえず環境構築しといて〜」と言われることもあるようなので、ローカルの環境構築はサクッとできることをおすすめします。

ただし、自分のパソコンで度々行うことはないかと思いますので、調べながらなら全然できるよ〜程度でも大丈夫かと٩( ᐛ )و

 

Gitの使い方

これは転職してからまじで苦労しました…。

そもそもGitってなに?って話ですが、ひと言でいうと「バージョン管理システム」のことです。

この記事では詳しい説明は省きますが、エンジニアが開発したコードを管理するシステムのことですね^ ^

 

基本的にエンジニアは一人で仕事をしているわけではなく、会社なりどこかの組織なり「チーム」で動いてます。

複数人で開発を進めていく中で、Aさんにはこのタスク、Bさんにはこのタスクと色々な振り分けがでてきます。

そうなったときに、誰がどんな変更をしたか履歴を残しておいたり、バラバラのタスクを効率よく同時並行するためにコードを管理する必要があるんですね。

めちゃめちゃざっくりした図を下に貼っておきますが、会社に入ったときはほぼ確実に使うスキルになるので、これは独学でも勉強しておくことをおすすめします!

 

 

ちなみにGitに関しては、「サルでもわかるGit入門」というサイトがおすすめです。

僕も業務中に非常にお世話になっております。

>> サルでもわかるGit入門はこちら

 

サーバー・ネットワークの知識

この辺りはコードを書くこととはあまり関係ないかもしれませんが、Webの基礎を知るという点で非常に大切になってきます。

  • サーバーってなに?
  • どうやってブラウザに表示させてるの?
  • IPアドレスとかDNSってなんなの?
  • 通信の仕組みがよくわからない…

 

などなど、実はコードを書く以外にも、エンジニアとして働くにあたって覚えておかなくてはならないWebの知識がたくさんあります。

ただし、この辺りの知識はProgateや無料の学習サービスではなかなか網羅されていないというのが現状でもあります。

 

 

現場で活かせるスキルを身につけたいあなたへ

ここからは少しだけ宣伝ですが、僕のマンツーマンレッスンでは、上記の知識に関して全てカリキュラムに含めてあります。

  • エンジニアに転職したい
  • 既存の学習サービスでは限界を感じていた
  • マンツーマンのレッスンに興味がある
  • プログラミングに挫折した経験がある
  • スクールに通ったがいまいちスキルが身につかなかった
  • 収入や時間の面でもっと自由な働き方を手に入れたい

 

上記に少しでもあてはまる方は、ぜひレッスンの詳細をご覧ください。

転職する上で大切だと考えていることや、現場で活きる知識のみを詰め込んであります。

もちろん自分から学ぶ気がない受け身のかたを爆発的に伸ばすのは不可能ですが、本気で取り組んでいただける方には、「自力でWebサイトを立ち上げられるレベル」までには確実に成長させます。

詳細は以下のリンクからご覧ください。

>> 4ヶ月完全マンツーマンのプログラミングレッスンはこちら

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ではまた次回の記事でお会いしましょう〜!

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、きせきに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

完全マンツーマンのプログラミングレッスンやってます。

詳細は以下のバナーをクリック!

 

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です