プログラミングはスクールと独学どっちがいいの?【答えはどちらもです】

きせき
どーも、プログラミング伝道師のきせきだよ!

プログラミングをはじめたい人「プログラミングの需要が高まってきているし、自分も挑戦してみたいな。独学だと挫折しそうだし、スクールに行ってみたいけど、実際のところどっちがいいんだろう。」

今回はこんな疑問に答えていきます。

この記事の内容

  • スクールと独学、僕はどっちもおすすめします
  • 未経験から全てを独学でやるのは厳しい
  • まずは基本を独学しつつ、余裕があればスクールを検討しよう

 

この記事を書いている僕は、現役のWEBエンジニア兼プログラミング講師。

独学とスクールでプログラミングを勉強し、営業マンからエンジニアに転職しました。

僕自身学習をはじめる前は、独学とスクールどちらにしようか非常に悩んだので、今回はそういった経験談も踏まえながら書いていきます。

ではいきましょう〜(`_´)ゞ

 

スクールと独学、僕はどっちもおすすめします

結論から言うと、スクールに行くのも独学するのもどちらもおすすめします。

なぜなら、それぞれにメリットがあるからですね。

僕もどっちにしようか迷ってはいましたが、結局どちらもやりました 笑

 

具体的にそれぞれのメリットを書くと以下のような感じです。

スクールのメリット

  • 周りにプログラミングをやっている人が増えるので、自然とモチベーションの維持につながる
  • メンター(講師)に教えてもらえるので、挫折しにくい&エラーで1日悩むとかなくなる

 

独学のメリット

  • 自分で勉強する習慣が身につく
  • 独学でオリジナルアプリつくったりすると就職・転職するときに評価高い
  • 調べる力が身につきやすい

 

ただ1点注意することがありまして、スクールに入ったからプログラミングができるようになるだろうという考え方はかなり危険です。

スキルの伸び方はあくまで自分の努力次第なので、独学は必須だと考えておきましょう。

むしろ独学がまったくできない人はプログラミングを続けるのは厳しいですね。

なので、スクールに期待しすぎるのではなく、質問ができる環境や、転職サポートなどに価値をおきながら受けるほうがいいかと。

僕もスクールで勉強しつつも、Progateやドットインストールを使っての独学は毎日継続していました。

それぞれのいいとこ取りをしてスキルを伸ばしていくのが最強なのかな〜と思います。

 

未経験から全てを独学でやるのは厳しい

とはいえ、完全未経験から全て独学しようとするのは割とハードルが高めです。

なぜなら、プログラミング学習には挫折するポイントが多いから。

こちらは僕が独学の際に経験した失敗の数々です。

  • 1文字間違っていただけで大量のエラーがでる
    → 本来なおすべきコードは1行
  • 基本英語だからそもそもエラー文が読めない
    → いちいち翻訳しないと意味がわからない
  • CSSが全然変わらないと思ったらファイル自体を読みこんでなかった
    → これに3時間くらい悩みました

 

最初はほんとにこんな具合でして、プログラミング初心者の方であればなんとなく想像できる内容かと思います。

コードを書くことに慣れている人なら「あ~ここね~」となるところが、未経験者はまったくわからないんですよ。どこをなおせばいいのか検討もつかない。

こんな感じで一人でずっと作業してたら、そりゃ挫折しますよ 笑

だからこそ、学習につまったときに質問できることってすごい大切なんですよね。

 

1人でやってこそスキルは伸びるんだって人もいますが、それで挫折してプログラミングをやめてしまったら意味がありません。

確かにそっちの方が力はつくかもしれませんが、未経験からプログラミングに挑戦する場合、まず優先しなきゃいけないのは「継続」であって、短期間で無理してスキルを伸ばすことではありません。

まずは簡単なことから始めてみて、学習につまったら知ってる人を頼る。

こんな流れがいいかと思います。

じゃあ具体的にどんな手順がいいの?って話ですが、それは次の章でお伝えします。

 

まずは基本を独学しつつ、余裕があればスクールを検討しよう

さて、では具体的な勉強方法の話ですが、まずは独学しつつ、余裕があればスクールを検討するのがいいかと思います。

理由としては、いきなりスクールに入ると覚えることが多すぎて大変だから。

筋トレとかでもそうですが、いきなり100キロの重りとか持てませんよね?

プログラミングも同じで、勉強に慣れていない状態でとてつもない量のインプットをしてしまうとかなり心身に負担がきます。

要は少しずつ慣らしていくのが大切ですよってことなのですが、スクールに入ると急激に覚えることが増えるので、まずは少しずつ独学をしてみてプログラミング学習に慣れていくのがいいかと思います。

実際僕もスクールに入る前に1ヶ月ほどの独学期間があったので、問題なくスクールの授業についていけました。

 

たまにスパルタで急成長を狙う人もいますが、よほど余裕がない限り僕はおすすめしません。

先ほども書きましたが、未経験からプログラミングに挑戦する場合、まず優先しなきゃいけないのは「継続」であって、無理して体調でも崩したら意味ないですからね。

 

独学するなら以下のサービスがおすすめです。

プログラミングに興味のある方ならみなさん知ってるくらい有名なサービスですが、とてもわかりやすいですし、どこでも勉強できて便利なのでぜひ使ってみてください。

  • Progate
  • ドットインストール
  • Schoo

 

各サービスの細かい感想などは以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧になってください。

プログラミング学習におすすめのサービスはこれ!【3つに絞る】

 

絶対スクールがいい!って方は以下のスクールをおすすめします。

  • DIVE INTO CODE
  • TECH CAMP
  • TechAcademy

 

こちらも詳細をまとめたものがありますので、以下の記事をどうぞ^ ^

おすすめのプログラミングスクールはこの3つ!【確定版】

 

そして、僕自身も完全マンツーマンのプログラミングレッスンを行っています。

  • 完全マンツーマンによる密度の高いレッスンを探している
  • エンジニアの現場で活きるスキルを身につけたい
  • 現役のエンジニアに教えて欲しい

 

こんな方におすすめの内容になっています。

詳細は以下のリンクよりどうぞ^ω^

プログラミング伝道師きせきの「働き方の自由度が上がる」プログラミングレッスンはこちら

 

スクールに興味はあるけど、どうしても抵抗がある!

って方は、無料相談も行なっていますのでこちらからどうぞ。

学習の相談や、スクールの経験談、転職相談まで幅広くやってます。

【完全無料】プログラミングの無料相談ならコチラ!

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめるとこんな感じです。

  • スクールと独学、どちらもおすすめ
    → どちらにもメリットがあるので、両方のいいところを活かしてスキルを身につけていくのがおすすめ。※ただしスクールにいっても独学は必須。
  • 未経験から全てを独学でやるのは厳しい
    → 挫折するポイントが多いので、全て独学で身につけようとするのは厳しい。学習につまったら知ってる人に頼っていいので、まずは継続することを意識してみる。
  • まずは基本を独学しつつ、余裕があればスクールを検討しよう
    → プログラミング学習に慣れていない状態でスクールに入るのはおすすめしない。まずは基本的なことを独学してみて、慣れてきたらスクールを考えてみる。不安な場合は無料相談がおすすめ。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまで読んだら、まずはなにかアクションを起こしてみましょう。

今現役バリバリで活躍しているエンジニアのみなさんも、最初はたった1行の簡単なコードではじまっているはずですよ^ ^

 

 

就職・転職の相談、プログラミング学習について、エンジニアってどんな仕事するの?などなど、きせきに聞いてみたいことがある方はお気軽にご連絡ください!!

友だち追加

 

完全マンツーマンのプログラミングレッスンやってます。

詳細は以下のバナーをクリック!

 

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です